費用が安い

仏具

東京では従来の墓石に遺骨を埋葬するという方法もありましが、新たに納骨堂へ納めるという方法もあります。東京では、納骨堂を選択する人が多いのですが、どうして選ばれているのでしょうか。
その理由はいくつかありますが、ここでは「費用の安さ」について紹介します。

納骨堂というのはお墓へ埋葬することに比べて非常に費用を抑えることができます。
というのも、お墓を購入するとなれば、墓石の購入や永代使用権という土地にかかる費用も発生します。普段、墓石の価格というのは見ることがないので知らない人が多いと思いますが、驚くほど高額です。エリアによって相場は異なりますが、東京などで墓を立てるとなれば総額300万円以上必要になると言われています。また、上記の費用に年間管理費やお布施などの金額もかかってくることとなります。そのため、定期的に費用が必要になります。

しかし、納骨堂の場合、墓石を購入する必要がありませんし永代使用権の費用も発生しません。トータルで50万円程度に抑えることができます。
費用を安く抑えることができるというのは、家族にとって大変助かります。故人のことを偲んでお金をかけてあげたい…という人も居ますが、費用は安く抑えるに越したことはありません。
また、納骨堂であれば遺骨の継承問題もありません。費用面で納骨堂を選択する人も多いですが、それに加えて将来のことを考えてこうした選択をする人もいます。