新しい選択

棺の上に花

納骨堂を東京で検討中ならこちらはいかがですか?良好な環境と便利な立地がお勧めです。お気軽に見学しましょう。

人が亡くなると葬儀を行い、遺骨はお墓へ納めるという流れが一般的になっています。しかし現在ではお墓に納骨をしない方法も存在しています。現在、東京をはじめとするエリアでは、墓石の購入が不要な納骨堂を選択する人が増えています。どうして、納骨堂という選択が選ばれているのかというと、東京などの都心ではなかなか土地を確保することができないからです。また、墓地というのはある程度の広さが必要ですし、数にも限りがあります。そのため、東京で墓を立てるとなれば、非常に高い費用が必要となるのです。

納骨堂というのは、もともとはお墓に埋葬するまで一時的に遺骨が保管されていた場所です。よって昔は預かってもらうことができる期間というのが決まっていたのです。基本的には預かる期間が決まっていましたが、更新できる制度があり、多くの人が更新をしていたことから、現在のような納骨堂のスタイルになりました。

納骨堂は、東京のような都心部には多く、実際多くの人が選択しています。今までは墓地を利用したという人も利便性や費用面を考慮して、納骨堂へ引っ越しするということもあります。
様々な人が選択している納骨堂には、多くのメリットがあります。

最近では終活をする人が増えています。亡くなった時のことを考えるのは不吉と捉える人も居ますが、家族に迷惑をかけないためにも終活はおすすめです。その一環として、どこへ納骨すべきか?よく考え、家族と話し合って決めるようにしましょう。

費用が安い

仏具

納骨堂を選択する人の中には「費用が安いから」という理由で選ぶ人がいます。東京でお墓を建てるとなれば数百万円かかりますが、納骨堂であれば数十万円に抑えることができます。

利便性が高い

お寺

東京で納骨堂が選ばれる理由の一つに「利便性が高い」ということが挙げられます。基本的に納骨堂というのはアクセスが良い場所に建てられており、管理が不要、バリアフリーという特徴があります。

選び方

お葬式

東京にはいくつも納骨堂がありますので、どこを選ぶべきか悩んでしまう人も少なくないはずです。そこで、納骨堂を選ぶ際に気をつけておきたいポイントについてまとめています。